EGGMT

エンゲージメントの重要性を知っている企業はナゼ右肩上がり?

世界から見て、日本はどれだけ従業員エンゲージメントが高いのか。

社内

日本企業のモチベーション

国内の従業員エンゲージメントがどれだけ大切なのかが十分理解できたところで、我が国、日本は世界で見るとどれだけ「従業員エンゲージメント」が高いのでしょうか。この結果は、今後の従業員への対応を見直すきっかけとなるはずです。

READ MORE

[PR]

社内のエンゲージメントに関する不安を払拭
状況にあったサポートをしてくれる業者を厳選紹介

企業の向上を促す秘訣とは

メンズ

なぜ「エンゲージメント」が重要視されているのか。

アメリカを始めとする、世界中のトップ企業では、「エンゲージメント」の重要性をいかに大切にしなければならないのかを知っています。その為、エンゲージメントの重要性を知っている企業のほとんどが、右肩上がりで安定した会社の利益を保っているのです。なぜ、そこまでして「エンゲージメント」を重要視しているのでしょうか。「エンゲージメント」重要性をもっと深く掘り下げてみましょう。

「従業員エンゲージメント」を重要視する事で得られるものとは。

世界中で「従業員エンゲージメント」を重要としている理由は、企業を支える従業員を大切にして、より充実した環境で仕事に取り組んでもらう事で、満足できる信頼関係を築き、仕事も無駄なく効率の良い利益を生み出せるようになるのです。環境が良く、充実した仕事ができると、従業員は企業を「良い会社」だと判断してくれます。そうすると、もっと企業に対して良い姿勢を向けてくれるようになるのです。

「顧客エンゲージメント」も同じ結果が得られる。

従業員と同じように、「顧客エンゲージメント」も同じです。顧客に満足してもらうようなサービスやビジネスを提供する事で、顧客は、想定外の満足度を実感しますので、結果、リピーターとして同じ企業に依頼を申し込んでくれます。そうすれば、企業にとっても、新しい顧客を見つけなくても良いですし、リピーターとなってくれた顧客をもっと大切にしようと考えますので、より深い信頼関係が築けるようになるのです。

エンゲージメントのレベルとは。

エンゲージメントを一度築いたら終了というわけではありません。さらに、信頼関係を築くためにも、各顧客ごとにレベルを設けて、どれくらいの信頼関係を築けているのか判断すると、より深い関係となる事ができます。このレベルを上げるには、それなりのエンゲージメントを築かなければなりません。エンゲージメントは、それくらい重要性が高いという事になるのです。このレベルが高ければ、企業としてもより良い結果を生み出す事ができるようになります。

エンゲージメントを促進させる方法。

エンゲージメントを促進させるには、要因となるものを理解しておかなければなりません。そもそも、エンゲージメントは、理性的な部分と感情的な部分で出来ていて、エンゲージメントを促進させるには、感情的な部分の影響を与える必要があります。人は、感情的な部分で刺激を受けて、影響を及ぼす事がわかっていますので、エンゲージメントを促進させるには、この感情的な部分を刺激してあげる必要があります。

広告募集中